ほかパト

長距離無線式捕獲パトロールシステム

わな猟でこんなお悩みはありませんか?

【管理者の方のお悩み】

  • ワナの管理が大変
  • 見回りのコストが高い
  • 監視システムはランニングコストが高そう

【捕獲者の方のお悩み】

  • 毎日の見回りが大変・・・
  • 無線で監視のはずがなかなか飛ばない
  • 止め刺しの用意をして来ればよかった!

その悩み、ほかパトで解決です!

ほかパトの仕組み

導入のメリット

1.よく飛ぶ通信距離

  • 高低差のある中山間部でも比較的飛びやすい150MHz帯
  • 免許・申請は不要
  • 国産モジュールで安心の技適マーク付き
  • 親機1基のカバーエリアが広いため、導入・維持費用とも抑えられる等メリット大!

2.低ランニングコスト

罠30基を管理する場合(親機1基のエリア内を想定)

※設備施工費、消費税をのぞきます。

コスト
導入親機( 1)@298,000
子機(30)@ 39,000
合計    ¥1,468,000
通信費(年間)親機( 1)@24,000
※子機は通信費不要
合計    ¥24,000
  • 親機1基でカバーできる通信エリアが広いので導入費用をコストダウン!
  • ランニングコストは親機の通信費のみ
  • 無線局の登録申請や、電波利用料は不要!

人が毎日見回ると…

  • ガソリン代(15km/L)150円×30L=4,500円
  • 人件費(1日3Hとして)@1,000×3H×30日=9万円

1ヶ月あたり94,500円 → 年間 110万円以上!

3.導入前シミュレーション

導入前に通信エリアを把握できるからメリットがいっぱい!

  • 親機に最適な設置場所を電波状況を見ながら確定できます。
    また、見積段階で必要な親機の台数が把握できます。
  • 通信可能エリアは地図(ヒートマップ)で見える化。効率よくワナを仕掛けることができます。

只今無料シミュレーションを受付中!
まずはあなたの地域の電波エリアを見てみませんか?

仕様

親機子機
制御装置通信規格:LPWA
周波数帯:150MHz
特定省電力無線:免許不要
技適マーク取得済
GPS測位:電源立ち上げ後、1回測位
docomo LTE回線
サイズ:W190mm×H220mm×L290mm / 1800g
通信規格:LPWA
周波数帯:150MHz
特定省電力無線:免許不要
技適マーク取得済
GPS測位:電源立ち上げ後、1回測位
docomo LTE回線
サイズ:W190mm×H220mm×L290mm
アンテナグランドプレーンアンテナ:長さ3.1mダイポールアンテナ:長さ55cm
バッテリーシステムシールドバッテリー VC12V 12Ah
その他ソーラーシステム:15Vソーラーパネル、最大電圧約17.28Vトリガー部:マグネット10mm
 動画とメディア掲載実績

Youtubeにて捕獲の様子や罠の設置方法を動画でご覧いただけます。
Youtube アイエスイー公式チャンネルはこちら

ほかパトのメディア紹介実績をご覧いただけます。
メディア掲載実績はこちら

獣害対策にお困りの方はお気軽にご相談ください!

お電話でのお問い合わせ
0596-36-3805
(平日9:00から18:00まで)